医療費控除 金額

Sponsord Link


医療費控除で還付される金額とは

医療費控除をご存知ですか。

 

年間10万円以上の医療費がかかった場合に、確定申告で還付されるのを知っている方は多いと思います。

 

以下では、具体的な還付される金額の計算方法を解説します。

 

まず、医療費控除は、生計を同一とする家族全員の医療費から計算します。

 

1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象です。

 

単身赴任のお父さんや、学校へ通うために下宿している子供も、さらには、生活費を仕送りしている両親みんなの医療費を足し合わせることができます。

 

医療費控除額の金額は、その年中に支払った医療費から、社会保険などで補てんされる金額と、10万円(所得が200万円以下の人は所得の5%)を引き算した金額となります。

 

このように、かかった医療費全てが控除されるわけではないので注意しましょう。

 

保険金で補てんされる金額とは、具体的には、出産育児一時金や高額療養費、生命保険や損害保険の支払い保険金などが当てはまります。

 

医療費控除は、医療費が多くのお金がかかた人のための税金の優遇処置なので、多額かどうかの基準である10万円を引き算しています。

 

もちろん、給与が1000万円の人の10万円と、給与が100万円の人の10万円では重みがまったく違うので、給与が100万円の人はその5%、5万円が引き算されることとなります。

 

また、よく、医療費から保険金や10万円を引いた金額全てが還付されると思われている人がいますが、それは違います。

 

実際に還付されるの額は所得によって変わります。

 

医療費控除額から、所得税の税率をかけたものが実際に還付される額となるので、思ったより少なくなるかもしれません。

 

医療費控除に興味を持った人は、源泉徴収票を持って、税務署に確定申告へ行ってはいかがでしょうか。

Sponsord Link