医療費控除 整骨院

Sponsord Link


医療費控除に整骨院の施術用は入る?入らない?

医療費控除をご存知ですか。

 

医療費控除とは、多額の医療費を支払ったときに、確定申告を行うことで、所得税が還付されることのできる制度です。

 

具体的に、控除の対象となる医療費は、その年中に支払った医療費から、保険金などで補てんされる金額と、10万円か所得金額の5%のどちらか少ないほうを引いた金額です。

 

未払いとなっている医療費は、実際に支払った年の控除の対象となっています。

 

医療費控除の対象となる医療は、医師などによる診療をつけるために直接必要なものと定められています。

 

これは、整骨院や接骨院も、治療目的ならば含まれます。

 

また、診療を受けるために必要なものとして、治療の対価だけではなく、整骨院などへの通院費や、医師などの送迎費、医療用の器具の購入費なども含まれています。

 

さらに、薬局やドラッグストアなどで購入した風邪薬など、治療のために購入した一般的な医薬品の購入費用も控除の対象となるので、確認しておきましょう。

 

もちろん、医師などが処方した、診療に必要な医薬品の購入費用も控除の対象となります。

 

医療費控除の対象に含まれないものとして、容姿を美化するための整形費用や、単なる肩こりのための整骨院の施術料などがあります。

 

治療目的でないものは控除の対象とならない、ということですね。

 

また、保険外医療である自由診療も控除の対象とはならないので注意してください。

 

医療費控除を受ける際には、医師などが発行した領収書などを確定申告書に添付するか、提出の際に掲示する必要があるので、きちんと領収書を取っておきましょう。

 

提出された医療費の領収書などは、税務署で1年間だけ保存されます。

 

もし、後日、領収書などが必要となる場合には、添付せずに提示するようにしてください。

Sponsord Link