入れ歯 医療費控除

Sponsord Link


入れ歯は医療費控除されるのか

国税庁のHPによりますと、医療費控除の対象となる治療費には、医師等による診療や治療を受けるために直接必要な入れ歯などの購入費用が含まれています。

 

ただし、入れ歯の治療については保険の適用されない自由診療(自費診療)や、高い材料を使用する場合があるので、高額な費用がかかることがあります。

 

例えば、奥歯の虫歯治療では、銀歯を使用すると保険が適用されますが、自然に見えるセラミック等の素材を使用すると自由診療と成ります。

 

もちろん、ホワイトニングやインプラント、疾患以外の矯正も自由診療となります。このような場合には、医療費控除の対象にならない場合があるので、注意しなければなりません。

 

控除対象金額につきましては、実際に病院で支払った金額(A)から保険によって補てんされる金額(B)と10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額)(C)を引いたものとなります。

 

すなわち、(A)−(B)−(C)の金額が医療費控除の対象となります。

 

また、(A)の金額には、病院で診察を受けるための通院費や医師等の送迎費も含まれます。

 

しかし、自家用車で通院するためのガソリン代や、駐車場の料金は含まれません。

 

したがって、公共交通機関を利用したほうが便利な場合は、積極的に利用するのが吉ですね。

 

ただし、医療費控除の対象となる金額は最高で200万円となることには注意しておきましょう。

 

また、一定の年齢までは自治体によって治療費の給付制度があるので、それらも確認しておくとよいでしょう。

 

東京23区のように、入院も通院も中学3年生まで助成している自治体も増えています。

 

各自治体のホームページにそれらの情報が記載されているので確認してみましょう。

Sponsord Link