医療費控除 接骨院

Sponsord Link


医療費控除に接骨院の施術代は入る?

医療費控除の対象となる医療費には、医師、歯科医師による治療費、治療のためのあんま・マッサージ・指圧師・はり師・きゅう師・柔道整復師などによる施術の対価があります。

 

ただし、医療費として認められるには、治療目的である必要があります。

 

保険外かどうかは関係ありません。

 

すなわち、接骨院や整骨院でも、疲れを取るためや、肩こりを治すなど、健康維持が目的ならば、医療費控除の対象となりませんが、医師の指示で受けた場合などの治療目的ならば、接骨院や整骨院での施術も医療費控除の対象になります。

 

この際には、医師からの証明書などがあれば確実に医療費控除が受けられます。

 

医療費控除を受けるには領収書が必要となるので、きちんと保管しておくことが必要です。

 

また、医療費控除を受けるには、年間で10万円以上(所得が200万円未満の人は、所得の5%以上)医療費を支払った場合になります。

 

生計を同一にする家族全員の医療費を合算することができますが、接骨院や整骨院の医療費だけでは、難しいと思います。

 

接骨院などにかかる医療費だけではなく、医療費控除の対象になりそうな領収書やレシートは取っておきましょう。

 

上で挙げた例以外にも、治療や療養に必要な医薬品の購入費用も控除の対象になります。

 

医師からの処方である必要はありません。

 

薬局やドラッグストアで購入した医薬品でもOKです。

 

他にも、病院や接骨院へ行くのにかかる交通費も控除の対象になります。

 

電車やバスを利用する際には、かかった費用をメモする癖をつけておきましょう。

 

自家用車のガソリン代や駐車料金については、控除の対象とならないので注意してください。

 

かかった医療費をまとめて、確定申告時に控除の申請をして還付金をもらいましょう。

Sponsord Link