医療費控除 健康診断

Sponsord Link


医療費控除に健康診断が含まれるのか

医療費控除で税金を割り引いてもらいましょう。

 

確定申告で税金の負担を減らせるのは、同じ所得の人でも、それぞれの事情があるので、その事情を考慮するためです。

 

その事情のひとつに、高額な医療費の負担があります。

 

医療費の負担を減らすために医療費控除があります。

 

医療費控除は、生計を同一にしている家族の医療費に適用されます。

 

一緒に暮らしていなくても、仕送りをしている両親や、下宿している大学生の子供も含まれます。

 

健康診断や人間ドッグにまつわる医療費控除について詳しく見て見ましょう。

 

医療費控除は、原則として、医師や歯科医師に対する治療の対価が対象となります。

 

なので、健康診断や人間ドッグは通常控除の対象とはなりません。

 

しかし、国税庁のHPによると、「健康診断等の結果、重大な疾病が発見され、かつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断等は治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断等のための費用も医療費控除の対象になります。」とあります。

 

つまり、健康診断などで病気が見つかり、引き続き診療してもらえば、健康診断の金額も控除されるということになります。

 

また、病院へ行く交通費も控除の対象となります。

 

ただし、マイカーのガソリン代や、駐車場の料金は含まれません。

 

電車やバスなどの交通機関が対象となります。

 

控除を申請するためには、申請書類以外に、領収書も必要となります。

 

領収書が無い場合が多いと思いますので、病院へ行く際にかかった金額をメモしておきましょう。

 

電車やバスは、後で料金を確認することができるので、メモでも認められます。

 

もちろん、治療費が記された領収書もきちんと保管おきましょう。

Sponsord Link