医療費控除 コンタクト

Sponsord Link


医療費控除にコンタクトが含まれる場合、含まれない場合

医療費控除は、生計を一緒にしている家族の医療費をまとめて、家族の中で一番税金の高い人の所得税から差し引くことができます。

 

また、家族は扶養しているかどうかは関係がありません。

 

生計をともにしている人ならば対象となります。

 

つまり、両親の仕送りをもらいながら学校へ通っている子供でもかまいません。

 

医療費控除を受けられるケースは、家族全員の医療費が年間10万円を超えた場合、もしくは所得が100万円未満の場合に、医療費が所得の5%を超えた場合となります。

 

ただし、医療費控除の対象となる医療費は、治療目的に限ります。

 

また、治療目的であるならば、ドラッグストア等で購入した風邪薬や胃薬なども対象となります。

 

コンタクトレンズやめがねは、一般的には控除の対象となりません。

 

なぜなら、近視や遠視などのために、日常生活の必要性に基づいて購入されるものは、視力を回復させる治療のためとはいえないからです。

 

しかし、コンタクトレンズやめがねでも控除の対象となる場合があります。例えば、斜視や白内障などの手術後、機能回復のため短期間装用するものや、幼児の未発達視力を向上させるために、装着が必要な眼鏡などです。

 

これらのコンタクトレンズやめがねは、眼科治療のために必要であると、医師の診察があると考えられるので、医療費控除の対象となります。
いかがでしょうか。

 

医療費控除は多くの人に該当します。

 

医療費は家族全員の1年間分をまとめると、大きな金額になることが多いです。

 

また、治療に基づけば、ドラッグストア等で購入した薬も対象となるので、レシートをとっておきましょう。

 

申告の手続きが面倒そうと、避ける人も多いですが、少しでも家計の負担を避けるためにも、確定申告をして医療費を抑えましょう。

Sponsord Link