医療費控除 矯正

Sponsord Link


医療費控除に矯正費用は含まれるのか

医療費控除は、疾病の治療を行った際に必要とされる医療費が対象となっています。

 

では、歯の矯正は医療費控除の対象となるのでしょうか。

 

美容を目的とした矯正は医療費控除の対象外となります。

 

しかし、矯正をしないと、歯周病や虫歯、発音、租借障害といった病因になりうる場合には、医療費控除の対象となる可能性があります。

 

歯科医師が、矯正が治療目的であるという証明書を患者に発行すれば、確実に、矯正にかかわる費用が医療費控除されます。

 

もちろん、一部分の矯正でも、噛みあわせが原因で歯周病や虫歯が起こっていると考えられるならば、治療の一環として、医療費控除の対象となります。

 

では、虫歯などの治療では控除の対象となるのでしょうか。

 

矯正とは違い、治療が目的ですので、控除の対象となりそうですが、控除の対象とはならない場合があります。

 

いわゆる保険のきかない自由診療がそうです。

 

自由診療とは、公的医療保険制度に当てはまらない診療を受けることです。

 

これは保険適用外の新薬や、最先端の医療が当てはまります。

 

日本では諸外国に比べて新薬の認定が遅く、ときどきテレビでも話題になっていますよね。

 

虫歯などの治療では、銀歯ではなく、セラミックなどの自然に見える白い葉にしようとすると自由診療に当てはまります。

 

「一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません」と、国税庁のHPに記載されています。

 

現在では、金やポーレセンを用いた歯の治療は一般的に使用されているので、これらにかかる費用は医療費控除の対象となっています。

 

また、通院費も医療費控除の対象になる場合もあるので、これらの領収書をきちんと保管し、確定申告で税金を少しでも返してもらいましょう。

Sponsord Link