医療費控除とは

Sponsord Link


医療費控除とは

私たちが納める税金として、よく知られているものに所得税があります。

 

所得税とは、なんらかの収入に対して掛かる税金のことをいい、会社員や公務員など毎月一定の給与所得を得ている人は、毎月の給与から天引きされます。

 

ただし、その段階では給与に対して一定の税率を掛けた分が差し引かれていますので、その過不足分を調整するためには「年末調整」が必要です。

 

つまり、大部分の給与所得者は、扶養家族の異動申請も含め、年末調整をすることで所得税が確定することになります。

 

年末調整時には、生命保険料や地震保険料の掛け金も控除の対象になり、所得税額に反映されますので、保険掛け金の証明書を添付することをお勧めします。

 

しかし、給与所得者の場合、年末調整だけでは補いきれないものがあり、それをカバーするためには、翌年の確定申告をすることが必要です。

 

確定申告が必要な場合は、年収2,000万円以上の収入がある給与所得者のほか、2箇所以上から収入を得ている人、副業所得が20万円を超える人などがあげられます。

 

もちろん、農業や個人事業主などの自営業の場合は、医療費控除を含むすべての申告を確定申告で行います。

 

医療費控除は、前年の1月1日から12月31日までに医療機関受診時に支払った医療費や、薬局で購入した薬代金などが対象になります。

 

医療費控除をすることで支払った所得税の一部還付が可能ですが、自主申告することによって受けられるというのが大きな特徴です。

 

つまり、多額の医療費を支払っていても、自ら申告しない限り医療費控除を受けることができないのです。

 

医療費控除は、確定申告をする本人はもちろん、生計をともにする親族が対象になります。

 

たとえば、就学や単身赴任のために別居していても、生計が同一の場合は医療費控除対象になるのです。

 

また、医療費控除の申請は過去5年にさかのぼってできますので、多額の医療費などを支払っている場合は、あきらめずに確定申告することをお勧めします。

Sponsord Link