医療費控除 差額ベッド代

Sponsord Link


医療費控除される差額ベッド代とは

病院のベッドの使用料金が、医療保険給付で定められているものより高額なものがあります。

 

中には、東京慈恵医大病院のように、1日21万円もするような豪華なベッドもあります。

 

防弾ガラスや北欧直輸入の応接セットが備え付けられているようです。

 

医療保険給付で定められていた金額と、それより高額なベッドの使用料金との差額を、いわゆる差額ベッド代といいます。

 

差額ベッド代は、医師などの診療を受けるために直接必要なものであり、さらに、通常必要とされるものが医療費控除の対象となります。

 

すなわち、自分の都合によって個室などを利用した場合には医療費控除の対象とはならないので注意しなければなりません。

 

また、差額ベッド代の必要な病室を利用するには、病院側と、患者の希望と同意がなければなりません。

 

例えば、急患であるが、大部屋に空きが無くて個室しか利用できないときや、大部屋では治療には欠かせない機材が置けないとき、治療する上で無菌室に入らなければならないときには、病院の都合であるので差額ベッド代は請求しないことになっています。

 

ところが、急患で、大部屋に空きが無くても、個室に入ることに同意してサインすると、患者が希望したことになります。

 

そうすると、差額ベッド代が必要となってきます。

 

また、トラブルを避けるために、仕方なく同意書にサインするケースも多く、トラブルの元となっているので注意しなければなりません。

 

差額ベッド代の平均額は、一日あたり、おおよそ5000円もあるので、個室などを希望するときはよく考えて選ばなければなりません。

 

入院が長引けば、10日で5万円、1ヶ月も入院すると15万円にも上昇します。

 

医療費控除が適用されず、これらが全て自己負担となると、非常に家計に厳しいので注意しましょう。

Sponsord Link