医療費控除 家族

Sponsord Link


医療費控除は家族の医療費をまとめて申告できます

医療費控除の仕組みを理解しましょう。

 

医療費控除は、多額の医療費を支払ったときに確定申告を行うことで、所得税が還付される仕組みです。

 

計算する医療費は、夫婦だけではなく、生計を一にする配偶者や家族も含まれます。

 

また、必ずしも同じところに住んでいる必要はありません。

 

下宿している家族や、別居している親族など、仕送りをして生計を同一にしていれば医療費控除を受けられます。

 

もっとも控除額を多くするなら、家族の中で一番所得の多い人が医療費控除を受けるとよいでしょう。

 

なぜなら、医療費控除額に、所得税率や住民税率をかけたものが還付されるからです。

 

所得の多い人のほうが税率が高く、還付される金額が多くなります。

 

実際に医療費控除を受けられるのは、10万円以上の医療費を支払った場合です。

 

ただし、所得が200万円未満の人は、所得の5%以上の医療費を支払った場合となります。

 

控除額の計算方法は、年間に支払った医療費から、保険金などで補てんされる金額と10万円(所得金額200万円未満の人は所得金額の5%)を差し引いた額となります。

 

控除が受けられる医療費には制限があります。

 

まず、治療目的でなければなりません。

 

容ぼうを美化する目的の、整形手術の費用は控除の対象とならないので注意してください。

 

また、通院費は控除の対象となりますが、自家用車でのガソリン代は対象となりません。
健康診断の費用も対象とはなりません。

 

治療や療養に必要な医薬品の購入の対価は対象となります。

 

控除を受けるために必要な書類は、申告書に加えて、源泉徴収票や医療費の領収書などが必要となります。

 

普段から家族の医療費の領収書をまとめて取っておくとよいでしょう。

 

初めての人は申告に戸惑うかもしれませんが、税務署や相談窓口で丁寧に教えてくれますので、ぜひ、医療費控除を申請しましょう。

Sponsord Link