高額療養費 医療費控除

Sponsord Link


高額療養費制度や医療費控除を知ろう

病気や怪我での医療機関にかかると、肉体的、精神的にとてもつらいと思います。

 

さらに、長期の入院や高額な治療によって、経済的にも相当な負担がかかります。

 

そんなときにあわてないためにも、保険制度をよく学びましょう。

 

高額療養費制度をご存知でしょうか。

 

高額療養費制度とは、医療機関で支払った治療費の自己負担金が一定の金額を超えた場合に、超えた金額の分が払い戻される制度です。

 

ただし、同月内に同一の医療機関が原則となっており、複数の医療機関を受信した場合には、高額な治療費を支払ったとしても合算されず、払い戻されない場合があるので注意する必要があります。

 

70歳未満では、自己負担金の限度額は、生活保護の被保険者や住民税非課税の方は3万5400円、一般所得者は8万100円+(総医療費−26万7000円)×1%、高額所得者(月収53万円以上)は15万+(総医療費−50万円)×1%となります。

 

ここで、総医療費とは、健康保険の適用による、窓口での3割の自己負担額ではなく、保険者が負担する分も含めた10割分の額となっています。

 

また、75歳以上の後期高齢者医療制度に加入している方は、一般所得者は4万4400円(外来1万2000円)、低所得者(年金収入80万円)の方は1万5000円(外来8000円)となります。

 

小児医療に対しては、自治体によって助成制度があるので、確認しておくことをお勧めします。

 

ここで、高額療養費制度と医療費控除の区別がややこしいので、説明しておきます。

 

高額療養費制度は高額な医療費がかかった都度に支給が受けられます。

 

対して、医療費控除は確定申告まで待って、税制面の恩恵を受けることのできる制度です。

Sponsord Link