医療費控除 保険外負担

Sponsord Link


医療費控除の対象となる医療費は、保険外負担かは関係ない

医療費控除の対象となる医療費を詳しく見ていきましょう。

 

医療費控除の対象として、医師や歯科医師による診療の対価、治療のためのマッサージ、はり師、きゅう師による施術の対価があります。

 

他にも、治療や療養に必要な医薬品の対価も含まれています。

 

保険外負担かどうかは関係がありません。

 

保険外負担であるかはポイントで無く、医療目的であり、通常の治療より高価でないことが重要です。

 

保険外負担は対象にならないと勘違いしやすいので注意してください。

 

具体的に控除の対象となるのは、医師による診療を受けるために直接必要な費用として、通院費や、入院にかかる部屋代や食事代、義手・義足の購入費などがあります。

 

医薬品の購入費用には、ドラッグストアや薬局で購入した分も含まれています。

 

医療費控除の対象に含まれないものとして、注意すべきものを挙げておきます。

 

具体的には、容ぼうを美化するための整形手術費用、健康診断費用、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車料金は医療費控除の対象となりません。

 

入院にまつわる費用として、パジャマや洗面用具の購入費用、本人の都合による差額ベッド代、病院の食事とは別の出前や外食は控除の対象となりません。

 

また、医薬品についても、疾病の予防や健康増進を目的としたものは、同じく対象となりません。

 

最終的に、医療費控除に該当するかどうかを判断するのは税務署です。

 

よく分からないときは税務署で問い合わせましょう。

 

自分の地域の税務署が分からない場合には、国税庁のHPから調べることができます。

 

国税庁のHPには、申告書類や、確定申告のパンフレットなどもダウンロードできるようになっています。

 

医療費控除に該当する領収書はきちんと保管しておきましょう。

Sponsord Link