医療費控除 生命保険

Sponsord Link


医療費控除は生命保険を使うと減額します

生命保険などを受け取ると、医療費控除額は減額します。

 

以下では、医療費控除について、生命保険に関連することを説明します。

 

医療費控除とは、治療費や入院費、入院にまつわる費用、手術にかかる費用などの医療費を、所得控除から差し引くことができる税金の優遇政策です。

 

医療費控除額の計算は、1月1日から12月31日までに支払った医療費から、生命保険などで補てんされる金額と、10万円(200万円以下の所得の場合は所得の5%)を差し引くことになっています。

 

では、保険金などで補てんされる金額とは、どんなものか、具体的に見ていきましょう。

 

国税庁のHPによると、「生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など」と記されています。

 

注意書きとして、「保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。」とあります。

 

つまり、ある治療の保険金が治療費を超えても、超えた額が他の医療費から引かれることは無いということかと思います。

 

確定申告時に保険金額が確定していない場合には、見込み額として計算します。

 

後日、見込み額が異なることになった場合には、その医療費控除額を訂正すればよいこととなっています。

 

また、補てんされる保険金が、治療を受けた年に受け取らず、翌年受け取ったとしても、治療を受けた年の医療費から差し引かれます。

 

医療費控除の計算では、あくまで、対象となる治療から保険金を差し引かなければなりません。

 

もちろん、ごまかしても税務署にばれるので、きちんと法律にのっとった申告をしましょう。

Sponsord Link