医療費控除 歯科

Sponsord Link


医療費控除の対象となる歯科治療とは

医療費控除の対象となる歯科治療を具体的に見ていきましょう。

 

まず、医療費控除の対象となる治療代は、診療などを受けるために、治療に直接必要なものと定められています。

 

容姿を美化し、容ぼうを変える目的で行った整形手術の費用は、控除の対象となりません。

 

歯科での治療でも同様のことが言えます。

 

出っ歯の治療など、美容を目的とした歯列矯正は控除の対象となりません。

 

また、虫歯治療において、セラミックを用いて自然に見える白い歯にすると、保険のきかない自由診療となります。

 

自由診療も医療費控除の対象とはなりません。

 

通常の診療に比べ、高額なものは控除の対象となりません。

 

全て自費となるので注意しましょう。

 

現在では、金やポーレセンは一般的な治療材料として認められているので、これらの治療の対価は医療費控除の対象となります。

 

また、発育段階の子供の成長を害さないための歯列矯正は、控除の対象となります。

 

この場合は、矯正の目的が、歯周病や虫歯、発音、租借障害、アゴ関節症の病因を防ぐものと考えることができます。

 

したがって、治療目的であると判断することができ、歯科医師による証明書があれば控除が受けられます。

 

治療のための、歯科医院などへの通院費も控除の対象となります。

 

小さなお子さんの通院に付き添う人が必要なときは、付き添う人の交通費も対象となります。

 

ただし、控除される交通費として、電車やバスなどの交通機関は含まれますが、自家用車のガソリン代や駐車場代は控除の対象とならないので注意が必要です。

 

最後に、医療費控除の対象となるのは、10万円以上の医療費(所得が200万円以下の場合は所得の5%)を支払った人が対象となります。

 

確定申告の際には、領収書も必要となってくるので、紛失しないようにきちんと保管しておきましょう。

 

医療費控除は、弱者を支える制度です。

 

高額な治療費がかかったときには、積極的に利用しましょう。

Sponsord Link