医療費控除 歯科矯正

Sponsord Link


医療費控除に含まれる歯科矯正

歯科矯正も医療費控除の対象になる場合があることをご存知ですか。

 

一年間に10万円以上の医療費(所得が200万円以下の人は所得の5%)を支払った場合に、確定申告をすれば医療費控除として、所得から差し引くことができます。

 

高額な費用がかかりやすい歯科矯正ですが、これらの制度を利用すれば、負担を減らすことができます。

 

しかし、歯科矯正では、医療費控除が受けられない場合があります。

 

美容目的の矯正がそのひとつです。

 

特に、年齢の高い成人された方が歯並びを直す場合、美容目的と受け取られやすいです。

 

医療費控除の対象は、治療目的であることが原則となります。

 

成人の方でも、治療目的の歯科矯正ならば、医療費控除が受けられます。治療目的の歯科矯正として、噛み合わせの向上が挙げられます。

 

歯並びの悪さから、租借障害が起きていると考えられる場合、治療の一環として歯列矯正が認められます。

 

その際には、歯医者からの診断書や領収書、治療証明書などを添付して確定申告を申請しましょう。

 

そうすれば認められると思います。

 

治療の領収書を紛失した場合には、再発行してもらえる病院もあります。

 

医療費控除は、医療費がかかった年から5年間の申告できる猶予があります(個人事業主を除く)。

 

なので、もし、以前、歯科矯正をした場合には還付される可能性があるので、1度調べてみてはいかがでしょうか。

 

また、医療費控除は高額な医療費を支払った場合に申請できるので、歯列矯正の予定がある方は、子供などと一緒に受けられたら控除の対象になりやすいと思います。

 

また、子供の歯科矯正は、発育の阻害を防ぐという治療目的と認められることが多いです。

 

歯並びの悪い子供がいらっしゃる方は、まとめて歯列矯正を行うことをオススメします。

Sponsord Link