医療費控除 保険外

Sponsord Link


医療費控除で負担を軽く、でも保険外診療には種類あるので注意!

健康保険の適用できない保険外診療を利用すると、治療費がかかる可能性が高まります。

 

しかも、保険外診療と健康保険の適用できる診療の組み合わせ次第では、かかる金額に差が存在することをご存知でしょうか。

 

全額自己負担しなければならない保険外診療には大きく分けて2種類あります。

 

健康保険との併用が認められる治療と健康保険との併用が認められない治療です。

 

健康保険との併用が認められる治療は、評価療養と呼ばれる先進医療や医薬品の治験治療や、差額ベッドなどの選定療養が当てはまります。

 

健康保険との併用が認められない治療には、自由診療が挙げられます。

 

自由診療とは、公的医療保険制度に当てはまらない診療のことを言います。

 

例えば、未確立の医療技術や未承認の医薬品を使った場合が当てはまります。

 

一般的に、健康保険を適用できる診療ならば患者の負担は原則的に3割で済みます。

 

しかし、保険外診療と組み合わせると注意しなければなりません。

 

保険外診療と併用すると、自己負担の割合が大きく異なる場合があるからです。

 

先ほどの、健康保険との併用が認められる治療ならば、健康保険診療分は3割の負担で済みます。

 

しかし、健康保険との併用が認められない治療では、健康保険診療分も全額自己負担しなければなりません。

 

例えば、歯科での虫歯治療で、銀歯ではなくセラミックを使う自由診療を利用すると、健康保険診療分も含めて、全額自己負担となります。

 

しかも、確定申告での医療費控除も利用できません。治療のため、通院や、医師の往診を受けるために支払った費用は医療費控除の対象となる可能性があります。

 

保険外診療を利用する場合、少しでも負担を軽くするために、医療費控除を利用できるものは積極的に利用したほうがよいかもしれません。

Sponsord Link