医療費控除 期間

Sponsord Link


医療費控除を期間内に済ませよう

重い病気などで長期間の治療が必要となったり、入院を要するようになると、高額な医療費がかかります。

 

少しでも家計の負担を軽くするために、医療費控除という、税制面での恩恵を受けられる制度があります。

 

しかし、医療費控除を受けるには税務署での確定申告が必要となり、サラリーマンの方などには、なじみが無いものかもしれません。

 

確定申告の申告期限は2月16日から3月15日の期間となっています。

 

ですが、医療費控除などの控除で還付金をもらう場合には、翌年の1月1日から5年間という、比較的にゆるやかな期間が設けられています。

 

しかし、多少の注意点があります。還付申告が5年間の猶予があるのは、サラリーマンなどの、確定申告をしない方が対象となります。

 

自営業者などの場合、確定申告後の還付申告をするには、確定申告期限から1年以内しか請求できないように定められています。

 

これは、払いすぎた税金を返してもらう更正の請求といいます。

 

医療費控除を受けるために必要な書類は、確定申告書に加えて、医療費控除の対象となる医療費の領収を証明するレシートか領収書を全て保管していなければなりません。

 

レシートや領収書が無ければ認められませんので注意しましょう。

 

しかし、病院診療のための交通費など、レシートや領収書の無い費用の場合はどうすればよいのでしょうか。

 

これは、メモ帳や表計算ソフトなどを利用して、通院履歴や交通費など、支出したものを記録しておけばよいことになっています。

 

還付金は指定した銀行口座に、約1ヵ月後に振り込まれるようになっています。

 

また、確定申告の書類に書く口座名義は、申告した人の名義でなければなりません。

 

間違えて家族の口座や旧姓の口座を指定しないよう、注意しましょう。

Sponsord Link