医療費控除 タクシー代

Sponsord Link


医療費控除にタクシー代が含まれる場合とは

治療に係わる交通費は、医療費控除の対象になる場合があります。

 

国税庁のHPによると、医療費控除の対象となる、医師などの診療や治療のために直接必要なものの例として、「(1)医師等による診療等を受けるための通院費、医師等の送迎費、入院の際の部屋代や食事代の費用、コルセットなどの医療用器具等の購入代やその賃借料で通常必要なもの(ただし、自家用車で通院する場合のガソリン代や駐車場の料金等は含まれません。)」とあります。

 

したがって、診療のために電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合には、医療費控除の対象となります。

 

この場合には、領収書が無い場合が多いので、メモ帳や表計算ソフトなどに治療費を記録しておき、確定申告時に提出する必要があります。

 

対象にならない通院費として、マイカーのガソリン代や駐車場代が挙げられるのに注意しておきましょう。

 

控除の対象にするために、公共機関である電車やバスを利用するのがおススメです。

 

突然の陣痛での通院のように、急を要するような問い合わせの場合は、その全額が医療費控除の対象となります。

 

この場合はタクシー代も含まれ、高速道路を利用した場合は、その高速道路の料金も含まれます。

 

ただし、所得税法施行令第207条より、「病院、診療所、老人保健施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の対価のうち、病状に応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となります」とあり、タクシー代については、一般的に、全額が控除の対象とならないことに注意しましょう。

 

あくまで緊急を要し、電車やバスなどが利用できない場合に限られます。

 

確定申告の申告手続きで、少しでも控除してもらいましょう。

Sponsord Link