医療費控除 期限

Sponsord Link


医療費控除の期限、手続きなど

医療費控除の申請には、確定申告が必要です。

 

医療費控除は、支払った医療関係の支出が、生計を共にする家族の全員分を合わせて、10万円を超えた場合に対象となります。

 

ただし、所得が200万円以下の場合には、所得の5%を超えた場合となります。

 

会社員などは、収入から自動的に天引きされる源泉徴収で、年末調整しか経験のない方も多いと思います。

 

自営業の方は、確定申告の際に、医療費控除を考慮してから申請を行います。

 

手続きは、住民票のある住所地の税務署で行います。

 

最寄の税務署は、国税庁のHPから調べることができます。

 

確定申告の期限は、原則として2月16日から3月15日となっています。

 

還付申告だけならば、1月中でも受け付けてもらえます。

 

確定申告の時期は税務署に人が込むので、早い時期に手続きを済ませておくのがオススメです。

 

還付金は、申告から1ヶ月程度たってから、指定した銀行口座に振り込まれます。

 

医療費控除額は次のように計算されます。

 

1月1日から12月31日までに支払った医療費の合計から、保険金などで補てんされる金額をマイナスします。

 

さらに、10万円か所得の5%(どちらか少ないほう)をマイナスした金額が医療費控除額となります。

 

ただし、最高で200万円となっています。

 

また、実際に還付される金額は、医療費控除額に所得税率をかけたものとなります。

 

申請に必要な書類は、申告用紙と、治療に係わる領収書などです。

 

交通費などの領収書が無いものは、メモなどでも十分です。

 

詳しくは住んでいる地域の税務署でお尋ねください。

 

申告用紙は、国税庁のHPからもダウンロードできます。

 

また、郵送してもらうこともできるので、申告書を取りにいけない方は、税務署に問い合わせてみましょう。

 

2011年分の医療費をチェックして、医療費控除を期限までに申請しましょう

Sponsord Link